Counter

世界遺産の日光(どんぐりハイク)で拾ってきた「どんぐりの植付け作業」親子で行います。関東のグランドキャニオンで学ぶ“カーボンオフセットツアー”(参加者募集!)
ツキノワグマや日本カモシカなどの野生動植物を観察した後に植樹を行います。

■☆☆世界遺産の日光市が公式に後援している“体験型”環境学習観察ツアー☆☆■後  援 :栃木県・日光市・栃木県観光協会・とちぎテレビ・下野新聞社・他
■催行日時:4月〜10月末(完全予約制)■出発:午前OR午後(要時間:4時間位)■集合場所:お問い合わせ下さい。(最少催行人数4名〜)植樹体験ができます。

  

【カーボンオフセットとは?】日常生活や経済活動において避けることができない温室効果ガスの排出について、まずできるだけ排出量が減るよう削減努力を行い、どうしても排出される温室効果ガスについてその排出量を見積り、排出量に見合った温室効果ガスの削減活動に投資すること等により、排出される温室効果ガスを埋め合わせるという考え方です。

           

とちぎ生涯学習研究会では、人類が再び同じ過ちを繰り返さないために...“50年後の地球(荒れ果てた大地)を観に来てください”と題して、世界遺産登録への働きかけも行われている足尾銅山周辺の山々に植樹を行ないながら散策する野生動植物の観察ツアーを実施致します。

このツアーでは、足尾銅山周辺の山々をトレッキングで散策し、ツキノワグマ・オジロワシ・オオワシ・ニホンカモシカなどの野生動植物が生息する環境を観察し足尾が辿った歴史や自然について考えていただき、この活動など(移動車輌等を含む)から排出された二酸化炭素(CO2)を相殺する試みとして、ツアーのプログラムには参加者の方々に、二酸化炭素(CO2)を吸収する木を育てる為の苗木を植えてもらい地球環境やカーボンニュートラルについても学習していただく体験型ツアーとなっております。

詳細はお問い合わせください。

2011'1月:天然記念物のオジロワシ・オオワシの群れ

2010'カーボンオフセットツアーin日光がスタート!

循環型のカーボンオフセットツアーをはじめました。

昨年から日光の山々に自生する広葉樹の種子(どんぐり)を採取し育てる活動がスタートしました。どんぐりから植樹用の苗木まで育てるのに 3年程かかります。その成長した苗木を植樹する事で自生する植物の生態系が保てると考えたからです。この取り組みは、ツアーにご参加頂いた皆様に 取り組んでいただけるよう、日光の山々で採取したどんぐりをお配り致します。お配りさせていただいたどんぐりを育てていただき、3年後そのどんぐりから成長した 苗木を持って、また日光へ植樹を行いに来てください。という、メッセージも込められた活動となっております。是非皆様も、どんぐりから苗木を育てる緑のサポーターに 参加して観てはいかがですか?

10月:株式会社赤澤朝陽様、ツアーにご参加いただき有難うございました。

10月30日:株式会社アイエンター様、ツアーにご参加いただき有難うございました。

           

生憎の悪天候の中でしたが、野生のクマやサル、シカを間近で観る事ができました。

                       

2009'カーボンオフセットツアーin日光がスタート!

◎地球温暖化抑制運動に取り組む「きっかけ」づくりとして考案されたツアーは、大手旅行会社様から、お問い合わせをいただくほどになりました。

幾つかのコースの中から体調や体力にあわせ、集合場所からトレッキングにて入山致します。道中、野生動植物の観察を行いながら植樹ポイントへ移動します。植樹を行い下山し、もとの集合場所で解散します。

           

7月11日:東証一部上場会社【日本工営株式会社様】社員旅行でカーボンオフセットツアーにご参加いただきました。

            

11日に催行されたカーボンオフセットツアーでは、入山まもなく植樹活動を行いました。植樹では其々の思いを込めて“とちの木”を植えました。植樹後山奥へ散策開始。散策後まもなく野生の日本ジカを発見、野生の日本ジカと山々のロケーションに歓声!! 帰途につく道すがら天然記念動物の日本カモシカの親子を発見!!参加の方々から感動の声が・・・(シャッター・チャンス!)、充実したツアーとなりました。

7月4日:往復4時間の行程を大自然のロケーションをバックに満喫してきました!!

            

入山まもなく野生の日本ジカの群れを発見、シカの鳴き声が飛び交う中次々とシカを発見、頂上付近では野生のツキノワグマを発見!頂上付近で昼食後下山。下山途中、空き缶などのゴミ拾いを行いながら植樹ポイントに向かいました。植樹活動では、とちの木などの苗木を植え解散場所へ向かう途中、ツキノワグマの親子を発見! 参加者のほとんどが、肉眼で確認。参加者が感動するツアーとなった。(高性能の双眼鏡を持参すると更に良し)

2008'カーボンオフセットツアーin日光がスタート!

            

◎地球温暖化抑制運動に取り組む「きっかけ」づくりとして、考案されたツアーです。 一度、ひとの手で破壊された環境が、いま再生されようとしています。

私たちが考案した試み「カーボンオフセットツアー」が、新聞やテレビなどで取り上げられました。

植樹指導員のもと、参加者其々が“とちの木”を植樹しました。

            

◎往復4時間(休憩を含む)の道のり“捨てられていた空き缶”などのゴミを拾いながら散策してきました。(ゴミや約100本近い空き缶を拾いました。)

沖縄県 石垣市商工会の皆さんが視察に参りました。

            

沖縄県 石垣市商工会さんが主催する「いしがきブランディングプロジェクト」と題して“カーボンオフセットツアーin石垣”を企画中とのことでした。

沖縄県 石垣市の先人達が次世代の子ども達に伝えるメセージとは・・・!!辿ってきた文化と共に・・・

今回のツアーでは、カモシカ・二ホンジカ・ツキノワグマを観る事ができました。(上記、いしがきブランディングプロジェクトをクリックすると野生動物の写真が観れるかも?)

            

人の手によって破壊された環境を往復2時間(休憩を含む)の道のり“を経て散策してきました。

植樹指導員のもと、参加者其々がコナラなどの苗木を植樹しました。(今回の植樹によって年間140kg.〜のCO2が削減できます。)

▼私たちもチャレンジ25に参加しています。 ▼"MOTTAINAI"に協力しています。 ▼「Fun to Share」に参加しています。
Copyright(C)2004-2014 とちぎ生涯学習研究会 All rights reserved.